【お祝い金】家族以外の出産祝いの平均と贈り物のアイディアとは?


目次

はじめに

出産は家族にとって大きな喜びですが、出産祝いの相場については多くの人が不安を感じることがあります。この記事では、親族から友人、職場の同僚まで、関係性に応じた出産祝いの相場について詳しく解説します。

出産祝いの相場はどのくらい?

出産祝いの金額は、贈る相手との関係によって異なります。一般的には、親族であれば1万円から3万円、友人であれば3,000円から1万円が相場とされています。

親族からの出産祝い

親族の場合、出産祝いは赤ちゃんへの愛情表現とも言えます。金額は1万円から3万円程度が一般的ですが、最も重要なのは心を込めた祝福です。

友人からの出産祝い

友人への出産祝いには、実用的で心温まるプレゼントが喜ばれます。以下のアイテムは、出産祝いとして人気があります

  1. おむつケーキ: 見た目が華やかで、中身は実用的なおむつという、出産祝いの新定番です。このようなおむつケーキが値段も手頃で大変人気です
  2. ベビー服: 成長が早い赤ちゃんには、サイズアップするごとに新しい服が必要です。出産パックになっていてお祝いには最適ではないでしょうか?
  3. おもちゃ: 安全で刺激的なおもちゃは、赤ちゃんの発達を助けるとともに、親も一息つける貴重なアイテムです。
  4. スタイやロンパース: 日常的に使う消耗品で、デザイン性と実用性を兼ね備えたものが好まれます。
  5. 絵本: 親子の読み聞かせの時間を豊かにする絵本は、長く使える心に残るギフトです。

プレゼント選びの際は、友人の好みや必要としているものを考慮すると良いでしょう。また、出産祝いの金額相場は、個人で贈る場合は3,000円から10,000円程度が一般的です。贈るタイミングは、ママと赤ちゃんが退院してから1週間から1ヶ月の間が適切とされています。心を込めたメッセージカードを添えると、さらに喜ばれることでしょう。

職場の同僚からの出産祝い

職場の同僚からは、3,000円から5,000円が相場です。集まって贈る場合は、相場の金額×人数分の予算で、より高価なギフトを選ぶことができます。

まとめ

出産祝いの相場は、贈る相手との関係性によって異なります。金額よりも、赤ちゃんとその家族への祝福の気持ちが大切です。このガイドが、出産祝いを選ぶ際の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次