【転職】40代男性で未経験でも転職可能な人気の職種と平均収入!

目次

はじめに

40代で未経験の分野に転職することは、大きな挑戦です。しかし、しっかりと準備をし、戦略を立てれば、新しいキャリアを築くことは十分可能です。この記事では、40代男性が未経験からでも転職を成功させるためのステップとポイントを詳しく紹介します。

1. 自己分析を行う

スキルと経験の棚卸し

まず、自分のこれまでのスキルや経験を棚卸ししましょう。これまでのキャリアで培ったスキルは、異業種でも活かせるものが多くあります。例えば、管理職としての経験は、リーダーシップやプロジェクト管理など、どの業界でも求められるスキルです。

興味と適性の確認

次に、自分がどのような仕事に興味があり、どのような分野で適性があるかを確認します。転職エージェントやキャリアカウンセラーの利用もおすすめです。彼らは、あなたの強みを引き出し、新しいキャリアパスを提案してくれるでしょう。

2. 転職先のリサーチ

成長分野の確認

未経験でも参入しやすい成長分野をリサーチしましょう。例えば、IT業界や介護業界は常に人材不足であり、未経験者でもチャンスがあります。特にIT業界では、プログラミングスキルやデータ分析スキルが求められており、これらを学ぶことで新しいキャリアを築くことができます。

企業の風土を調査

企業の社風や働き方を事前に調査し、自分に合う環境かどうかを見極めます。企業の口コミサイトやSNSを活用すると良いでしょう。また、可能であれば、業界に詳しい知人やネットワークを活用して、内部情報を収集することも重要です。

3. 必要な資格を取得

資格の選定

新しい分野で必要となる資格を確認し、取得を目指します。例えば、IT分野なら「基本情報技術者試験」、介護分野なら「介護職員初任者研修」などが挙げられます。資格取得は、自分のスキルを証明する有効な手段となります。人気のある職種や資格などたくさんありますので下記に掲載しますね

人気の転職先

1. ITエンジニア

  • メリット: 高需要、リモートワーク可能、キャリアの成長
  • 平均収入: 約600万円
  • 仕事内容: ソフトウェア開発、システム管理、ネットワーク管理
  • 必要な資格: 基本情報技術者試験
  • 取得方法: 試験対策書やオンラインコースで学習し、IPA(情報処理推進機構)の試験を受験。
  • 資金: 約1万円(受験料5700円、参考書・問題集代)

2. プロジェクトマネージャー

  • メリット: 高収入、責任ある役職、スキルの多様性
  • 平均収入: 約800万円
  • 仕事内容: プロジェクトの計画・管理・実行、チームの統率
  • 必要な資格: PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)
  • 取得方法: PMIの公式サイトで申し込み、公式PMBOKガイドの学習や研修コースの受講。
  • 資金: 約15万円(受験料5万円、公式教材1万円、研修費用9万円)

3. データサイエンティスト

  • メリット: 高需要、高収入、未来の技術に関与
  • 平均収入: 約700万円
  • 仕事内容: データ分析、アルゴリズム開発、ビジネスインサイト提供
  • 必要な資格: 統計学やPythonのスキル
  • 取得方法: オンラインコースや専門書で学習。
  • 資金: 約5万円(オンラインコース費用)

4. 金融アナリスト

  • メリット: 高収入、キャリアの安定、専門性の高さ
  • 平均収入: 約900万円
  • 仕事内容: 市場調査、投資分析、経済予測
  • 必要な資格: CFA(公認証券アナリスト)
  • 取得方法: CFA Instituteの公式サイトで申し込み、公式教材やオンラインコースで学習。
  • 資金: 約30万円(受験料各レベル10万円、教材費5万円)

5. コンサルタント

  • メリット: 高収入、多様なプロジェクト経験、ビジネスの幅広い知識
  • 平均収入: 約850万円
  • 仕事内容: ビジネス戦略の提案・実行、クライアントの課題解決
  • 必要な資格: 中小企業診断士
  • 取得方法: 各地域の試験センターで受験、専門学校や通信教育で学習。
  • 資金: 約20万円(受験料7000円、2次試験1万円、教材・講座費用18万円)

6. マーケティングディレクター

  • メリット: 高収入、クリエイティブな仕事、企業の成長に貢献
  • 平均収入: 約800万円
  • 仕事内容: マーケティング戦略の策定・実行、ブランド管理
  • 必要な資格: MBA(経営学修士)
  • 取得方法: 大学やビジネススクールでMBAプログラムに参加。
  • 資金: 約300万円〜700万円(授業料と教材費)

7. 人事マネージャー

  • メリット: 安定したキャリア、従業員との交流、人材育成
  • 平均収入: 約700万円
  • 仕事内容: 採用、労務管理、社員教育
  • 必要な資格: 社会保険労務士
  • 取得方法: 日本社会保険労務士会連合会の公式サイトで申し込み、専門学校や通信教育で学習。
  • 資金: 約15万円(受験料9000円、教材・講座費用14万円)

8. 営業ディレクター

  • メリット: 高収入、インセンティブ、顧客との関係構築
  • 平均収入: 約750万円
  • 仕事内容: 営業戦略の策定、営業チームの管理、顧客対応
  • 必要な資格: 特になし
  • 取得方法: 実務経験が重視されるため、営業スキルを向上させる研修やセミナーに参加。

9. 教師

  • メリット: 安定した仕事、社会的意義、子供たちの成長をサポート
  • 平均収入: 約600万円
  • 仕事内容: 教科指導、学生サポート、授業準備
  • 必要な資格: 教員免許
  • 取得方法: 教育大学や教職課程がある大学で学ぶ。卒業後、教員採用試験に合格。
  • 資金: 約50万円(大学の授業料、教職課程の追加費用)

10. 看護師

  • メリット: 高需要、社会貢献、安定した収入
  • 平均収入: 約550万円
  • 仕事内容: 患者ケア、医療サポート、健康管理
  • 必要な資格: 看護師免許
  • 取得方法: 看護学校や大学の看護学科で学び、国家試験に合格。
  • 資金: 約100万円(看護学校の授業料、国家試験受験料)

11. 薬剤師

  • メリット: 高需要、高収入、医療の専門知識
  • 平均収入: 約650万円
  • 仕事内容: 薬の調合・販売、服薬指導、健康相談
  • 必要な資格: 薬剤師免許
  • 取得方法: 薬学部で6年間学び、実務実習を完了し、国家試験に合格。
  • 資金: 約600万円〜1000万円(薬学部の授業料、国家試験受験料)

12. 介護施設管理者

  • メリット: 社会的意義、安定したキャリア、高需要
  • 平均収入: 約500万円
  • 仕事内容: 施設運営、スタッフ管理、利用者対応
  • 必要な資格: 介護福祉士
  • 取得方法: 専門学校で2年間学ぶか、介護職としての実務経験を積み、国家試験に合格。
  • 資金: 約30万円(受験料1万円、教材・講座費用)

13. 公務員

  • メリット: 安定した雇用、福利厚生、社会貢献
  • 平均収入: 約650万円
  • 仕事内容: 行政業務、政策立案、市民サービス
  • 必要な資格: 公務員試験
  • 取得方法: 予備校や通信教育で学習し、各自治体や機関の試験を受験。
  • 資金: 約10万円(受験料、予備校や通信教育費用)

14. 農業技術者

  • メリット: 自然環境での仕事、独立可能、食糧生産への貢献
  • 平均収入: 約400万円
  • 仕事内容: 農作物の栽培・販売、農地管理、農業技術の改善
  • 必要な資格: 農業技術士
  • 取得方法: 農業高校や専門学校での教育、実務経験を積み、日本農業技術士会の試験に合格。
  • 資金: 約20万円(受験料、専門学校の授業料)

15. フリーランスライター

  • メリット: 自由な働き方、クリエイティブな仕事、自己表現
  • 平均収入: 約400万円
  • 仕事内容: 記事執筆、編集、リサーチ
  • 必要な資格: 特になし
  • 取得方法: 執筆スキルを磨くためにライティングコースやセミナーに参加。

16. グラフィックデザイナー

  • メリット: クリエイティブな仕事、フリーランス可能、デザインスキルの活用
  • 平均収入: 約450万円
  • 仕事内容: デザイン制作、ブランド構築、広告デザイン
  • 必要な資格: 特になし
  • 取得方法: デザインスクールやオンラインコースで学習、ポートフォリオを作成。

17. ウェブデベロッパー

  • メリット: 高需要、リモートワーク可能、技術の成長
  • 平均収入: 約600万円
  • 仕事内容: ウェブサイトの開発・運営、フロントエンド・バックエンド開発
  • 必要な資格: 特になし
  • 取得方法: オンラインコースや専門書で学習、実際のプロジェクトで経験を積む。

18. 翻訳家

  • メリット: 自宅での仕事、国際的な仕事、言語スキルの活用
  • 平均収入: 約400万円
  • 仕事内容: 文書の翻訳、通訳、ローカライズ
  • 必要な資格: 通訳案内士
  • 取得方法: 語学学校や専門講座での学習、通訳案内士試験に合格。
  • 資金: 約15万円(受験料、語学学校・教材費用)

19. 料理人

  • メリット: 手に職、創造性、食文化への貢献
  • 平均収入: 約500万円
  • 仕事内容: 調理、メニュー開発、キッチン管理
  • 必要な資格: 調理師免許
  • 取得方法: 調理師専門学校で2年間学び、調理師試験に合格。
  • 資金: 約100万円(調理師専門学校の授業料)

20. 不動産エージェント

  • メリット: 高収入、独立可能、顧客との関係構築
  • 平均収入: 約600万円
  • 仕事内容: 物件の仲介、売買サポート、顧客対応
  • 必要な資格: 宅地建物取引士
  • 取得方法: 宅建試験に合格するために、通信教育や予備校で学習。
  • 資金: 約5万円(受験料、教材・講座費用)

学習方法の選択

資格取得のための学習方法を選びましょう。通信講座や夜間学校を利用して効率的に学習する方法があります。また、オンライン学習プラットフォームも活用すると便利です。自分のライフスタイルに合った学習方法を選ぶことが重要です。

4. 転職活動の実施

履歴書・職務経歴書の作成

40代で転職を考える際、履歴書と職務経歴書の書き方は非常に重要です。ここでは、履歴書の各項目の書き方と例を詳しく説明します。また、具体例を含む表も提供します。

履歴書の基本情報

日付

履歴書の日付は郵送の場合は投函日、面接で手渡しする場合は当日の日付を記入します。日付は元号か西暦で統一することが大切です。

氏名

「ふりがな」は平仮名で、「フリガナ」は片仮名で記載します。印鑑欄がある場合は、黒色のインクで押印します。

住所

都道府県から始め、マンション名も略さずに記載します。「丁目、番、号」を用いて、正確に書きましょう。

写真

履歴書に貼る写真はサイズに注意し、裏に氏名を書いておくと良いです。貼るときは両面テープを使用します。

学歴・職歴の書き方

学歴

学校名、学部、学科を正式名称で記載します。入学と卒業の年月を忘れずに記入しましょう。

職歴

会社名、所属部署、職務内容を具体的に記載します。役職があれば、それも記載しましょう。入社・退職の年月も必ず記入します。

履歴書の必要事項

以下に、具体的な履歴書の例を示します。

項目内容
日付2024年5月20日
氏名山田 太郎(フリガナ:ヤマダ タロウ)
住所東京都千代田区千代田1-1-1 ABCマンション201号室
電話番号090-1234-5678
メールアドレスyamada@example.com
学歴1984年4月 東京都立ABC高等学校 入学
1987年3月 同校 卒業
1987年4月 東京大学経済学部 入学
1991年3月 同学部 卒業
職歴1991年4月 株式会社XYZ 入社
1995年4月 同社 営業部 部長
2024年4月 同社 退職
資格1991年5月 TOEIC 900点
1998年9月 PMP(Project Management Professional)

職務経歴書の書き方と例

職務経歴書は、これまでの職歴や実績を詳細に記載する書類です。以下のポイントに注意して書きましょう。

基本情報

氏名、連絡先、メールアドレスを記載します。

職務概要

現在までの職務経歴を簡潔にまとめます。

職務経歴詳細

各職務ごとに、会社名、在籍期間、所属部署、職務内容、実績を具体的に記載します。

スキル・資格

関連するスキルや資格を記載します。

職務経歴書の例

以下に、具体的な職務経歴書の例を示します。

山田 太郎

連絡先
東京都千代田区千代田1-1-1 ABCマンション201号室
電話:090-1234-5678
メール:yamada@example.com


職務概要
IT業界で30年以上の経験を持ち、特にプロジェクトマネジメントと営業部門のマネジメントに強みがあります。大規模プロジェクトの成功や、営業チームの売上向上に寄与しました。

職務経歴詳細

株式会社XYZ
1991年4月〜2024年4月

営業部 部長

  • 在籍期間:1995年4月〜2024年4月
  • 職務内容:営業チームの統括、戦略立案、クライアント対応
  • 実績:年間売上10%増、主要クライアントの契約更新率80%以上

スキル・資格

  • PMP(Project Management Professional)
  • TOEIC 900点
  • MS Office、Project Management Software

転職エージェントの利用

転職エージェントを利用することで、求人情報の提供や面接対策など、手厚いサポートが受けられます。特に未経験の分野への転職では、エージェントのアドバイスが大変役立ちます。自分に合ったエージェントを見つけることが成功の鍵となります。

5. 面接対策

予行練習

面接の予行練習を行い、質問への回答を準備します。自己紹介や転職理由、今後のキャリアプランについて明確に伝えられるようにしましょう。また、未経験であることをどう克服するか、どのように新しい分野で活躍するかを具体的に話す準備をします。

ポジティブな姿勢

未経験であることをネガティブに捉えず、新しい挑戦を前向きに捉えている姿勢をアピールします。これまでの経験が新しい分野でどのように役立つかを強調しましょう。例えば、前職での問題解決能力やコミュニケーションスキルが新しい職場でも役立つことを伝えます。

面接前の準備

  1. 自己分析
    • スキルと経験の棚卸し: これまでの職務経験やスキルをリストアップし、面接でアピールできるポイントを整理します。
    • キャリアの目標設定: 転職後にどのようなキャリアを築きたいかを明確にし、その目標に沿った自己PRを準備します。
  2. 企業研究
    • 企業のビジョンとミッション: 応募先企業のビジョンやミッションを理解し、それに共感できる点を面接で話す準備をします。
    • 業界動向の把握: 業界全体の動向やトレンドを把握し、企業の位置づけや強みを理解します。
  3. 書類の準備
    • 履歴書・職務経歴書の作成: 正確で分かりやすい書類を作成し、見やすいレイアウトにします。
    • ポートフォリオ: 特にクリエイティブ職や技術職の場合、過去の実績をまとめたポートフォリオを準備します。

面接当日のポイント

  1. 服装
    • スーツの着用: 清潔感のあるスーツを着用し、きちんとした身だしなみを整えます。
    • 身だしなみ: ヘアスタイルや靴の清潔さにも気を配りましょう。
  2. 時間管理
    • 時間厳守: 面接には余裕を持って到着し、遅刻しないようにしましょう。
    • 道順の確認: 面接場所への道順を事前に確認し、交通手段を準備します。
  3. 持ち物
    • 必要な書類: 履歴書、職務経歴書、ポートフォリオ、筆記用具を忘れずに持参します。
    • 身分証明書: 場合によっては身分証明書も必要です。

面接中のポイント

  1. 自己紹介
    • 簡潔でわかりやすく: 名前、経歴、強みを簡潔にまとめて話します。
    • 笑顔とアイコンタクト: 笑顔で相手の目を見ながら話すことで、好印象を与えます。
  2. 質問への回答
    • 具体例を交える: 質問には具体例を交えて答えると、信憑性が増します。
    • ポジティブな表現: ネガティブなことは避け、前向きな言葉を使います。
  3. 質問をする
    • 意欲を示す: 質問をすることで、企業に対する興味や意欲を示します。
    • 企業の将来ビジョン: 企業の今後のビジョンや成長戦略について質問すると、長期的な関心が伝わります。

面接後のフォローアップ

  1. お礼メール
    • 感謝の意を伝える: 面接後24時間以内に、お礼のメールを送ります。
    • 具体的な内容: 面接で話した具体的な内容に触れ、再度自分をアピールします。

6. 継続的な学習と自己啓発

業界知識のアップデート

転職後も継続的に業界の最新情報を学び続けることが重要です。業界誌や専門書を読む、セミナーや勉強会に参加することで、常に最新の知識を身につけましょう。

スキルの向上

新しい分野でのスキル向上を目指し、継続的な学習を行います。オンラインコースやワークショップに参加し、実践的なスキルを磨きます。特にIT分野では、プログラミングスキルやデータ分析スキルの向上が求められます。

7. サポートネットワークの構築

メンターの活用

新しい分野で成功するためには、経験豊富なメンターのサポートを受けることが有効です。メンターはあなたのキャリアパスをサポートし、必要なアドバイスを提供してくれます。

ネットワーキング

業界内でのネットワーキングを強化し、同業者との交流を深めましょう。これにより、新しい情報や仕事のチャンスを得ることができます。LinkedInなどのビジネスSNSを活用するのも効果的です。

8. 失敗を恐れず挑戦する

挫折から学ぶ

新しい分野への転職には挑戦が伴いますが、失敗を恐れずに挑戦することが重要です。挫折から学び、次に活かすことで成長していきます。

小さな成功体験を積む

小さな成功体験を積み重ねることで、自信を持って新しいキャリアを築いていきましょう。成功体験はモチベーションを高め、次のステップへの原動力となります。

9. 健康管理とストレスマネジメント

体調管理の重要性

新しい分野での仕事には、体力と精神力が求められます。健康管理を徹底し、バランスの取れた食事や適度な運動を心がけましょう。

ストレスマネジメント

転職活動や新しい職場でのストレスを適切に管理することも重要です。リラクゼーション法や趣味の時間を設けることで、ストレスを軽減します。

10. 家族のサポート

家族とのコミュニケーション

転職は家族にも影響を与えるため、家族とのコミュニケーションを大切にしましょう。転職の理由や新しいキャリアについて説明し、理解とサポートを得ることが大切です。

サポート体制の構築

家族のサポートを受けながら、転職活動を進めましょう。家族の理解と協力があれば、転職活動もスムーズに進みます。

まとめ

40代で未経験の分野に転職するのは大きな挑戦ですが、自分の強みを活かし、しっかりと準備をすれば成功する可能性は十分にあります。新しいキャリアをスタートするために、今回紹介したステップを参考にして、ぜひ挑戦してみてください。失敗を恐れず、前向きに取り組むことで、新しいキャリアパスを切り拓くことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次