【2024年版】主婦必見!最安で買える電動自転車|人気5選

「電動自転車が欲しいけど、高くて手が出ない…」そんな悩みを抱えている主婦の方、多いのではないでしょうか? でも、安くて高性能な電動自転車があるんです! お買い物や子供の送り迎えに使える、便利でおしゃれな電動自転車が、予算内で手に入るんですよ。 「できるだけコスパの良い電動自転車が欲しい」「毎日使いやすい電動自転車を探している」というあなたに、ぴったりの情報をお届けします。 安い電動自転車の選び方から、おすすめモデルまで、この記事を読めばすべてがわかります。 電動自転車で、毎日の生活をもっと楽しく、もっと快適にしませんか? ぜひ、この記事を参考に、あなたに合った一台を見つけてくださいね。 主婦の強い味方になる、安くて高性能な電動自転車の世界へ、一緒に踏み出しましょう!

目次

主婦におすすめの安い電動自転車5選

主婦におすすめの安い電動自転車5選について解説します。

安い電動自転車の特徴

安い電動自転車には、いくつかの特徴があります。 まず、バッテリー容量が小さめに設定されていることが多いですね。 これは、コストダウンを図るための工夫の一つ。 ただ、日常の近距離移動であれば、十分な走行距離を確保できるので安心です。

また、シンプルな機能に絞って余計な装備を省くことで、価格を抑えているのも特徴ですね。 高級モデルほどの快適さはないかもしれませんが、手頃な価格で電動アシストの恩恵を受けられるのは大きな魅力です。

安い電動自転車は、初めて電動自転車を購入する方や、予算が限られている方におすすめ。 コスパの高さが魅力なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

主婦に人気の電動自転車ブランド

主婦に人気の電動自転車ブランドには、パナソニック、ヤマハ、ブリヂストンなどがあります。 これらのメーカーは、使いやすさと安全性に優れた電動自転車を提供していますね。

特に人気なのが、子供乗せ対応モデル。 低重心設計で安定感が高く、お子様を乗せても安心して走れるんです。 また、小柄な方でも乗り降りしやすいモデルや、大容量バスケットを搭載したモデルも人気ですよ。

これらのブランドは、主婦のニーズをしっかりと捉えた製品作りをしているので、安心して選べます。 価格帯も手ごろなものが多いので、コスパの高い電動自転車が見つかるはずですよ。

自分に合った一台を、じっくり探してみてくださいね。

安い電動自転車選びの注意点

安い電動自転車を選ぶ際は、いくつか注意点があります。 まず、バッテリーの容量と充電時間をチェックしましょう。 安い電動自転車は、バッテリー容量が小さい傾向にあるので、1回の充電での走行距離が短いことがあるんです。 通勤・通学など、毎日の移動に使う場合は特に注意が必要ですね。

次に、アフターサービスについても確認が必要です。 メーカーによっては、安い電動自転車のアフターサービスが手薄な場合も。 故障した時の対応や、修理の受付体制などを事前に確認しておくことをおすすめします。

また、試乗して購入することも大切。 実際に乗ってみないと、自分に合ったサイズや乗り心地かどうかわからないですからね。 安いからといって、安易に決めずに、しっかりと吟味することが賢い選択につながります。

価格を抑えつつ、自分のライフスタイルに合った電動自転車を選びましょう。

さすけ
「安い電動自転車を選ぶコツは、よく比べて、よく試乗すること!自分に合った一台を見つけてね。」

主婦に人気の安い最安値!電動自転車ランキング

主婦に人気の安い電動自転車ランキングを発表します。

パナソニック ビビ・L20

パナソニック ビビ・L20は、コンパクトで乗りやすいデザインが特徴の電動自転車です。 20インチの小径タイヤを採用し、重量も21.9kgと軽量。 小柄な方でも扱いやすく、スカートでも乗り降りしやすい低床フレームが人気ですね。

バッテリーは12.0Ahの大容量タイプで、1回の充電で最大48km走行可能。 お買い物や子供の送り迎えなど、日常の移動に十分な走行距離を確保しています。

価格は10万円前後とリーズナブルで、コスパの高さが魅力。 口コミでも「乗り心地が良い」「小回りが利く」と高評価です。 子育て中の主婦におすすめの一台ですよ。


さすけ妻

人気のパナソニック!調べた中では最安値です!こちらの商品は更に人気のL24になります(24インチ)チョーおススメです!

ヤマハ PAS Babby un

ヤマハ PAS Babby unは、小柄な方に優しい設計の電動自転車。 適正身長は142cm以上で、サドルの最低地上高は73.5cmと低めです。 足つきが良く、安定感のあるフレーム設計で、子供を乗せても安心して走れますよ。

アシスト力は4段階で調整可能。 坂道もラクラク上れちゃいます。 バッテリー容量は15.4Ahと大容量で、1回の充電で60km以上走行できるのも魅力的

価格は10万円前後とやや高めですが、その分アシスト力が強く、走行性能が高いのが特徴ですね。 口コミでも「坂道もスイスイ」「小柄でも乗りやすい」と好評です。


ブリヂストン アシスタユニ

ブリヂストン アシスタユニは、使いやすさを追求したデザインが魅力の電動自転車。 超低床フレームを採用し、サドルの高さが58.5cmと驚きの低さ。 足つきが非常に良く、スカートでもまたぎやすいんです。

また、専用設計の大型バスケットを装備。 たっぷり26Lの容量で、たくさんの荷物を載せられるのが嬉しいポイントですね。

アシストレベルは3段階で調整可能。 バッテリー容量は10.4Ahで、最大40km程度の走行が可能です。

価格は9万円台とかなりリーズナブル。 必要十分な機能を備えていて、コスパは非常に高いですよ。 口コミでも「乗り降りしやすい」「大容量バスケットが便利」と好評です。


マルイシ ふらっかーずシュシュ

マルイシ ふらっかーずシュシュは、小柄な方に優しいコンパクトさが特徴の電動自転車。 20インチの小径タイヤを採用し、全長は1,410mmとコンパクト。 重量も23.7kgと軽量で、女性でも扱いやすいサイズ感です。

サドル高は68.5cmまで下げられるので、足つきも抜群。 150cm以下の方でも、安心して乗車できますよ。

アシスト力は4段階で調整可能。 バッテリー容量は8.7Ahで、最大40km程度の走行が可能です。

価格は7万円台とかなりリーズナブル。 2023年モデルではさらに値下げされ、お買い得感がアップしています。 口コミでも「小柄な人でも乗れる」「軽くて運転しやすい」と高評価ですよ。


ミヤタ アシスタベーシック

ミヤタ アシスタベーシックは、シンプル&カジュアルなデザインが魅力の電動自転車。 余計な装飾を省いたスマートなフォルムで、飽きのこないデザインが特徴です。

タイヤサイズは26インチと大きめ。 ゆったりとした乗車姿勢がとれて、安定感のある走りを実現しています。

アシスト力は3段階で調整可能。 バッテリー容量は10.4Ahで、最大40km程度の走行が可能ですよ。

価格は8万円台とリーズナブルな設定。 シンプルな機能に絞ることで、コストダウンに成功しているのが特徴ですね。 口コミでも「シンプルなデザインが飽きない」「大きめタイヤで安定感がある」と好評です。


さすけ
「安くてコスパ高めの電動自転車がたくさんあるから、じっくり比べて自分に合ったものを選んでね!」

電動自転車を安く購入する方法

電動自転車を安く購入する方法をお教えします。

旧モデル狙い

旧モデルを狙うのは、電動自転車を安く購入する定番の方法ですね。 新モデルが発売されると、前年モデルが大幅に値下げされることが多いんです。 性能面でも、新旧モデルでそれほど大きな差はないことがほとんど。 十分な性能を備えた電動自転車が、お得に手に入りますよ。

ただ、在庫限りで完売してしまうのがネック。 狙っているモデルがある場合は、見つけ次第すぐに購入することをおすすめします。 スペックをよく確認して、自分に合ったモデルを選ぶようにしてくださいね。

旧モデルなら、8万円以下で購入できる場合もあるんです。 かなりお買い得感があるので、ぜひチェックしてみてください。

アウトレット商品

アウトレット商品も、電動自転車を安く購入する方法の一つです。 アウトレット商品とは、展示品や在庫処分品のこと。 新品同様の状態でありながら、通常よりもかなり安い価格で販売されています。

傷や汚れがある場合もありますが、使用に問題ないレベルのものがほとんど。 少しの傷なら気にならないという方には、かなりおすすめの選択肢ですね。

ただ、在庫数が限られているのが難点。 人気モデルは、すぐに売り切れてしまうことも珍しくありません。 気になるモデルがあったら、迷わずに購入するのが得策ですよ。

通販サイトやメーカーの直営店などで、アウトレット品を取り扱っています。 こまめにチェックしていれば、運が良ければかなりお得に電動自転車が手に入りますよ。

補助金制度利用

国や自治体の補助金制度を利用するのも、お得に電動自転車を購入する方法です。 電動自転車の購入に対して、補助金が支給される制度があるんですよ。

補助額は自治体によって異なりますが、2万円~5万円程度が一般的。 価格の10%~20%が補助されるケースが多いですね。

申請方法は、自治体のホームページなどで確認を。 必要書類を揃えて、期日までに申請するのが基本的な流れです。

ただ、予算に限りがあるので、先着順で受付が終了してしまうことも。 購入を検討している方は、早めに情報を集めておくことをおすすめします。

補助金をうまく活用すれば、電動自転車をグッとお得に購入できますよ。 ぜひ、自分が住んでいる自治体の制度を確認してみてくださいね。

オフシーズン購入

電動自転車のオフシーズンに購入するのも、価格を抑える方法の一つ。 電動自転車は、春から夏にかけての需要が高まる傾向にあります。 そのため、秋から冬にかけては、比較的安い価格で購入できるチャンスが。

特に、10月から12月は、モデルチェンジの時期でもあるんです。 旧モデルの在庫処分セールが行われることが多いので、お買い得品が見つかりやすいですよ。

ただ、在庫が少なくなっている場合も。 人気モデルは、早い段階で売り切れてしまうことがあります。 狙っているモデルがある場合は、早めに動くことが大切ですね。

オフシーズンは、セール品だけでなく、付属品やオプションパーツも安くなるケースが。 ヘルメットやカゴなども、一緒に購入するとお得になりますよ。

電動自転車の購入を検討している方は、ぜひオフシーズンでのお買い物を考えてみてください。 かなりの割引価格で、お目当ての一台が手に入るかもしれませんよ。

中古品検討

中古の電動自転車を購入するのも、コストを抑える方法の一つです。 新品に比べて、価格が大幅に下がるのが中古品の魅力。 状態が良ければ、新品同様の性能を得られることも珍しくありません。

ただ、バッテリーの状態には注意が必要です。 電動自転車のバッテリーは消耗品。 使用頻度によっては、交換が必要になることもあるんですよ。購入前に、バッテリーの状態をしっかりとチェックしておきましょう。 残量が少なかったり、劣化が進んでいたりする場合は、避けた方が無難です。

また、専門店での購入がおすすめ。 専門スタッフが、整備や点検を行ってくれるので、安心して乗り始められますよ。

中古品は、一台一台状態が異なります。 よく確認して、自分に合った一台を選ぶようにしてくださいね。 新品の半額以下で購入できるケースもあるので、ぜひ検討してみてください。

さすけ
「電動自転車を安く買うには、旧モデルやオフシーズンを狙うのがおすすめだよ!補助金制度も要チェックだね。」

安い電動自転車のメリットとデメリット

安い電動自転車のメリットとデメリットについて解説します。

メリット

① 初期費用が安い 安い電動自転車の最大のメリットは、初期費用の安さですね。 高性能な電動自転車だと、20万円以上するものも珍しくありません。 しかし、安い電動自転車なら、10万円以下で購入できるものが多いんです。

手ごろな価格で、電動アシストの恩恵を受けられるのは大きな魅力ですよね。

また、通勤・通学など、近距離の移動がメインという方にもぴったり。 初めて電動自転車を購入する際の、入門機としても最適です。

安い電動自転車なら、気軽に電動アシストの便利さを体験できますよ。 ぜひ、自分の予算に合った一台を探してみてくださいね。

② 維持費が安い 安い電動自転車のもう一つのメリットは、維持費の安さです。 電動自転車は、バッテリーや駆動系のメンテナンスが必要不可欠。 定期的な点検や部品交換には、それなりのコストがかかってしまうんですよ。

しかし、安い電動自転車なら、維持費を抑えられるんです。 バッテリー容量が小さめな分、交換コストが低く済むのが理由ですね。

また、シンプルな構造なので、故障のリスクも少ない傾向に。 修理代を節約できるのは、嬉しいポイントではないでしょうか。

安い電動自転車は、長期的に見てもコストパフォーマンスが高いと言えます。 初期費用だけでなく、維持費の安さにも注目してみてください。

ランニングコストを抑えられるのは、主婦の味方ですよね。 ぜひ、維持費の観点からも、安い電動自転車の魅力を実感してみてください。

③ 気軽に乗れる 安い電動自転車は、気軽に乗れるのも魅力の一つ。 高価な電動自転車だと、少しの傷や汚れが気になってしまうもの。 「大切に使わないと」と、乗る前から気を遣ってしまいますよね。

でも、安い電動自転車なら、そんな心配はいりません。 多少乱暴に扱っても、価格的なダメージが少ないんです。

例えば、子供を乗せて走行中に傷がついてしまっても、あまり気にならない。 「もしもの時の買い替えも、そこまで負担にならないかな」と、安心して使えますよね。

また、盗難のリスクを考えると、高価な電動自転車は躊躇してしまうもの。 でも、安い電動自転車なら、そこまで高いハードルではありません。

「ちょっとそこまで」と、気軽に使えるのは嬉しいポイント。 ストレスなく、電動自転車のある生活を楽しめますよ。

デメリット

① 走行距離が短い 安い電動自転車のデメリットの一つは、走行距離の短さです。 高性能な電動自転車なら、1回の充電で60km以上走れるものもあります。 しかし、安い電動自転車は、バッテリー容量が小さい傾向に。 40km程度が限界というモデルが多いんです。

通勤・通学など、毎日の移動に使うには物足りないかもしれません。 「途中で電池切れになったらどうしよう」と、不安を感じてしまいますよね。

また、ちょっと遠出をしたい時にも、走行距離の短さが足かせに。 「せっかくの休日なのに、思うように走れない」なんて経験をするかもしれません。

安い電動自転車を選ぶ際は、自分の使用頻度や移動距離をよく考えてみてください。 日常の足として使うなら、ある程度の走行距離は必要不可欠。 バッテリー容量は、妥協しないようにしましょう。

② パワー不足 安い電動自転車のもう一つのデメリットは、パワー不足の傾向があること。 電動自転車のアシスト力は、モーターの性能によって決まります。 安い電動自転車は、コストダウンのために小型のモーターを採用しているんですよ。

そのため、アシスト力が弱く、パワー不足になりがち。 特に、坂道の上りでは、その傾向が顕著に表れてしまいます。

「思ったよりも、ラクに走れない」なんて感想を持つ方も多いようです。 ペダルを漕ぐ負担が大きいと、せっかくの電動自転車が台無しですよね。

また、重い荷物を載せた際にも、パワー不足が気になるところ。 子供を乗せての走行など、負荷がかかる場面では注意が必要です。

安い電動自転車を選ぶ際は、アシスト力もしっかりとチェックしてみてください。 試乗して、実際の走行フィーリングを確かめるのがおすすめですよ。

③ アフターサービス手薄 安い電動自転車の最後のデメリットは、アフターサービスの手薄さです。 電動自転車は、バッテリーや駆動系のトラブルが起こりやすい乗り物。 定期的なメンテナンスはもちろん、故障した際のサポート体制も重要なんですよ。

しかし、安い電動自転車は、アフターサービスが手薄なケースが多いんです。 メーカーによっては、修理の受付窓口が少なかったり、部品の供給が滞ったりすることも。 「故障したけど、なかなか直してもらえない」なんて状況に陥るかもしれません。

また、保証期間が短いのも安い電動自転車の特徴。 高性能モデルなら3年間の保証がついていることもありますが、安い電動自転車だと1年程度が一般的。 「買ってすぐに壊れたのに、有償修理になってしまった」なんて落とし穴もありますよ。

アフターサービスの充実度は、電動自転車選びの重要なポイント。 特に初心者の方は、万が一のトラブルに備えて、しっかりとしたサポート体制のメーカーを選びましょう。

安い電動自転車は、コストパフォーマンスが魅力である一方、アフターサービスの手薄さには注意が必要です。 自分に合ったメーカーを選ぶことが、賢い選択につながりますよ。

さすけ
「安い電動自転車は、メリットもデメリットもあるんだね。自分のライフスタイルに合ったものを選ぶのが大事だよ!」

主婦が電動自転車を選ぶポイント

主婦が電動自転車を選ぶ際のポイントを解説します。

乗車のしやすさ

主婦が電動自転車を選ぶ際は、乗車のしやすさがポイントですね。 毎日使う相棒だからこそ、乗り降りしやすいモデルを選びたいもの。 特に、子育て中の主婦は、子供を乗せる際の乗降性が重要なんです。

そこでおすすめなのが、低床フレームを採用したモデル。 股下の位置が低いので、スカートでも乗り降りしやすいんですよ。

例えば、ブリヂストン アシスタユニは、超低床フレームが特徴。 サドルの高さが58.5cmと、非常に乗降性に優れています。 「小柄な私でも、楽に乗り降りできるわ」と、多くの主婦から支持されているんですよ。

また、前かごの位置が低いモデルも乗降性が高いですね。 足を上げる幅が小さくて済むので、乗り降りの負担になりません。

電動自転車は重量があるので、乗車のしやすさは特に重要。 毎日のお買い物や、子供の送迎に使うなら、乗降性の高いモデルを選びましょう。

軽量で扱いやすさ

主婦が電動自転車を選ぶなら、軽量で扱いやすいモデルがおすすめです。 電動自転車は、バッテリーや駆動系の重さで、どうしても重量が出てしまうもの。 20kg以上あるモデルも珍しくないんですよ。

重たい電動自転車は、取り回しが大変なだけでなく、事故のリスクも高まります。 特に、小柄な主婦には、扱いにくいサイズかもしれません。

でも、安い電動自転車の中には、軽量でコンパクトなモデルもあるんです。 例えば、ヤマハ PAS Babby unは、重量が21.9kgと比較的軽め。 小柄な方でも、ラクに扱えると好評なんですよ。

また、小径タイヤを採用したモデルも、取り回しがしやすいですね。 20インチサイズなら、狭い道でもスイスイ走れますよ。

毎日使うものだからこそ、軽くて扱いやすい電動自転車を選びたいもの。 重量とサイズ感は、実際に試乗して確かめることをおすすめします。

大容量バスケット

主婦が電動自転車を選ぶなら、大容量のバスケットも重要なポイントです。 お買い物や子供の送迎など、荷物が多くなりがちな主婦。 たっぷり収納できるバスケットがあると、とっても便利なんですよ。

特に、前かごが大きいモデルは、実用性が高いですね。 両手が空くので、子供を乗せながらの走行もラクチンです。

例えば、ブリヂストン アシスタユニは、26Lの大容量バスケットが特徴。 「いつものお買い物が、一気に楽になったわ」と、主婦から大好評なんです。

また、後ろかごが大きいモデルもおすすめ。 子供の送迎時に、大きなリュックを載せられるのは嬉しいポイントですよね。

荷物の量は、人それぞれ。 自分のライフスタイルに合わせて、収納力の高いモデルを選びましょう。 毎日の移動が、グンと快適になりますよ。

長く使える耐久性

主婦が電動自転車を選ぶなら、長く使える耐久性も大切なポイントですね。 せっかく購入するなら、できるだけ長く乗りたいもの。 でも、電動自転車は故障のリスクが高いことも事実なんです。

バッテリーの寿命が短かったり、モーターのトラブルが起きたりと、壊れやすい部品が多いんですよ。 「買ったばかりなのに、すぐに調子が悪くなった」なんて話も珍しくありません。

だからこそ、耐久性の高いモデルを選ぶことが大切。 特に、バッテリーの性能は重要なポイントですね。

パナソニックやヤマハなど、大手メーカーの電動自転車は、バッテリーの品質が高いと定評があります。 5年以上の長期使用にも耐えられる、高い耐久性を誇っているんですよ。

また、駆動系の耐久性も見逃せません。

ギアの切り替えがスムーズで、モーターの動きが安定しているかをチェックしましょう。

電動自転車は、一度買えば長く使えるのが魅力。 手入れしながら、末永く付き合える相棒を見つけてくださいね。

シンプルなデザイン

主婦が電動自転車を選ぶなら、シンプルなデザインも重要なポイントですね。 電動自転車は、どうしても大きくゴツくなりがちなもの。 でも、デザイン性の高いモデルなら、おしゃれに乗りこなせるんです。

特に、シンプルでスタイリッシュなフォルムは、飽きがこない長く使えるデザイン。 「かわいい」「カッコいい」と思える自転車なら、ずっと大切にできますよね。

例えば、ミヤタ アシスタベーシックは、シンプル&カジュアルなデザインが特徴。 「子供を乗せても様になる、品のいいデザインね」と、主婦から好評なんですよ。

また、カラーバリエーションの豊富さも大切なポイント。 自分らしい色を選べるだけで、自転車に愛着が湧いてきます。

「これなら、ずっと乗っていたい」と思えるデザインの電動自転車を選びましょう。 毎日の移動が、楽しくなること間違いなしですよ。

さすけ
「主婦の方は、乗りやすさと使いやすさを重視して電動自転車を選ぶのがおすすめだよ!長く使えるものを選んでね。」
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次